EDGE OF FOREVER2017.04.21

Line-Up:
フランチェスコ・ジョヴィーノ (drums, vocals)
ニック・マッツコーニ (bass, vocals)
アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ
(vocals, keyboards)
ウォルター・カリアーロ (guitar, vocals)

Discography:
2004 Feel The Fire
2005 Let The Demon Rock ‘N’ Roll
2009 Another Paradise

Biography:
EDGE OF FOREVERは、80年代のハード・ロックを凝縮し、心をかき立てるメロディとネオ・クラシカルな雰囲気を併せ持ったバンドだ。彼らは各々のメンバーが影響を受けてきたマジックなサウンドを再興し、かつ相性のよいメンバーがそれぞれ持つ異なる性質の衝突によって生まれる一級の作品を提示すべく、 2002年にイタリアで結成される。

ヴォーカルには、フランク・ザッパ、スティーヴ・ヴァイとの活動で知られ、伝説的なアメリカン・プログレッシヴ・ハード・バンド、AXEでもその歌唱を披露した名シンガー、ボブ・ハリスが迎えられる。キーボードのアレッサンドロ・デル・ヴェッキオは、グレン・ヒューズ、パトリック・ロンダット、トニー・フランクリン、ブルース・キューリック、アンドレ・マトス、スコット・マクギル、TIME MACHINEら、名立たるミュージシャン/バンドのレコーディングやライヴでプレイしてきた実力派ミュージシャンだ。ギタリストのマッテオ・カルニオは、アレッサンドロと共にバンドのメイン・ソングライターであり、また殆どの歌詞を手掛ける作詞家でもある。ベーシストのクリスチャン・グリーロとドラマーのフランチェスコ・ジョヴィーノは、数々のハード・ロック界最高のリズム・セクションからインスピレーションを受け、バンドのボトムを支えるグルーヴを生み出している。

間もなくドイツの『MTM Music』との契約を果たしたバンドは、2003年9月から、地元イタリアはガララーテの『Conquest Studios』にて、デビュー・アルバム「Feeding The Fire」のレコーディングを行う。プロデュースを担当したのは、TALISMAN/LAST AUTUMN’S DREAMのベーシストであり、イングヴェイ・マルムスティーンやジョン・ノーラムとの活動でも知られる故マルセル・ヤコブで、彼の盟友ジェフ・スコット・ソート (TALISMAN他)も、バック・ヴォーカルとしてゲスト参加していた。2004年5月にここ日本でもリリースされた本作は、各地で高い評価を得る。

そして早くも2004年8月末から、バンドはアメリカはルイジアナ州ニュー・オーリンズの『NEH Studios』にて、2枚目のアルバムとなる「Let The Demon Rock ‘N’ Roll」のレコーディングを開始する。今回プロデューサーに迎えられたのは、AXEのリーダー、ボビー・バース。そのボビーに加え、AXEの盟友エドガー・ライリー Jr.もバック・ヴォーカルで参加したこのアルバムは、2005年5月、SPIRITUAL BEASTのSPIRITレーベルよりリリースされ、好セールスを記録した。
その後、ギターのマッテオとベースのクリスチャンが脱退、後任としてそれぞれウォルター・カリアーロとディミトリ・オルダーニを迎えると、地元イタリアを含むヨーロッパでライヴ活動を行っていくことを望んだバンドは、アメリカ在住のシンガー、ボブ・ハリスと袂を分かつことにする…。2006年にリリースされたMOONSTONE PROJECTのデビュー・アルバム「Time To Take A Stand」において、グレン・ヒューズ、グラハム・ボネット、スティーヴ・ウォルシュ (KANSAS)といった錚々たるシンガーもゲスト参加する中、リード・ヴォーカルを務めて自信を深めたアレッサンドロが、キーボードと共にヴォーカルを兼任することとなったのだ。

こうしてライヴ活動を開始したバンドは、まずはJEFF SCOTT SOTOのイタリア・ツアーのサポートを務めると、続いてULI JON ROTH, BRUNOROCKとともにツアーを行い、非常に好意的な反応を得る。一方でドラマーのフランチェスコは、元ACCEPTのウド・ダークシュナイダー率いるU.D.O.にも参加、2005年の「Mission No. X」以降、3枚のスタジオ・アルバム、ツアーでプレイしている。

その後、ディミトリに代わって、MOONSTONE PROJECTの第二弾にも参加している他、イアン・ペイスとのツアー経験もあるヨーロッパでも有数のベーシスト、ニック・マッツコーニを迎えると、バンドは約4年振りとなるニュー・アルバムの準備を開始する。新たなメンバーが持ち込んだソングライティングやアレンジのアイディア、プレイアビリティやグルーヴに加え、様々な課外活動で培った経験が結集したこのアルバムでは、アレッサンドロ自らがプロデュースを担当。彼はこの大役を見事に果たし、強力なメロディ、印象的なバッキング・ヴォーカル、洗練されたアレンジ、力強いドラムに見事なギターとキーボード、ビッグなプロダクションに歌えるコーラスと、AORのレコードに必要なすべてが詰まった、マルセル・ヤコブ、ボビー・バースといった経験豊富なミュージシャンがプロデュースを担当した前2作と比較してもまったく遜色のないアルバムへと仕上がった。

ボブ・ハリス (元EDGE OF FOREVER, AXE etc)、ロベルト・ティランティ (LABYRINTH)、イゴール・ギアノラ (U.D.O., GOTTHARD, JORN)、カーステン “リザード” シュルツ (EVIDENCE ONE, MIDNITE CLUB)といったゲストも参加したこの「Another Paradise」は、マスタリングをSILVER, CASANOVA, BONFIREなどで知られるマイケル・ヴォスが担当、日本盤ボーナス・トラックを1曲追加収録して、2009年12月にSPIRITUAL BEASTよりリリースされる。

なお、アレッサンドロは2009年6月に多国籍メロディック・メタル・バンド、EDEN’S CURSEにも加入。8月にはイギリスの『Bloodstock Festival』に出演を果たした他、12月には『Hard Rock Hell III』への出演、ALESTORM, THE ROTTEDとのUKツアーも決定している。

Websites:
https://www.facebook.com/Edge-Of-Forever-194136201146/