F.K.Ü.2017.04.20

Line-Up:
Dr. Ted Killer Mirror (Drumoholic)
Pat Splat (Bassoholic)
Larry Lethal (Voxoholic)
Pete Stooaahl (Axeoholic)
Discography:
1998 Beware Of The Evil Ünderwear (Demo)
1999 Metal Moshing Mad
2003 Maniac Cop (Single)
2005 Sometimes They Come Back… To Mosh
2008 Horror Metal Moshing Machine (Single)
2008 Hirax / F.K.Ü. (Split)
2009 Where Moshers Dwell
2013 4: Rise Of The Mosh Mongers

『モッシュ中毒者』続出!?ホラー映画を思わせる世界観と痛快に疾走するスラッシュ・メタル・サウンドを引っ提げたゾンビ集団による『ホラー・スラッシュ』が遂に日本のシーンに襲来する!

ホラー映画 『エルム街の悪夢』シリーズで世界中を恐怖に陥れてきたフレディ・クルーガー。そんな彼のアンダーウェアというユーモラスな単語“Freddy Kruegear’s Underwear”の頭文字をもじったバンド、F.K.Üが結成されたのは、1987年まで遡る。北欧はスウェーデン中部の都市、ウプサラにて結成され たバンドは、当初クロスオーヴァー・スラッシュと呼ばれるジャンルの第一人者、S.O.D.の影響を強く受けたサウンドを目指していたが、数回のリハーサ ルを行った後、すぐに解散してしまう。

時は流れ10年後、1997年に一人の男によってバンドは再び活動を開始することとなる。後に同郷のDARKANEやフランスのSCARVEにも加入し活 躍することになるラリー・リーサル<vo>だ。他にもベーシストとして活動したりプロダクションを手掛けたりするマルチタレント的な才能の持 ち主である彼の登場により長き沈黙の後、再び活動を開始したバンドは早速、20曲入りのデモ「Beware Of The Evil Underwear」を翌1998年に発表する。予想を大きく上回る好意的な反応に手応えを感じたバンドは、F.K.?としての活動を本格的に開始するこ とを決意する。メンバーは、ラリーはじめ、ピート・ストーアール<g>、パット・スプラット<b>、テオ<dr>の 4人だ。

こうして活動を開始したバンドは、早速1999年、これまでMESHUGGAHやIN FLAMES、DIMMU BORGIRなどのアルバム制作にも関わってきたダニエル・バーグストランドをエンジニアに迎えファースト・アルバムの制作に入る。わずか9日間でレコー ディングされ、22曲収録したこのアルバム「Metal Moshing Mad」は、パットが当時代表を務めていた自身のレーベル、『Black Diamond Prouctions』からリリースされた。楽しく、フレンドリーでバイオレント、聴いていて思わずモッシュ・ピットに参加したくなるような魅力に溢れた このアルバムはシーンから大きな歓迎をもって迎え入れられ、その後のリリースを受けたライヴでも同郷のTHE HAUNTEDやENTOMBED、MESHUGGAHなどと共演したり、大きなフェスティヴァルに参加する機会に恵まれたが、各メンバーが他に在籍して いるバンドにも力を注いだため、活動は徐々にペースダウンしていくこととなる。

バンドが再び本格的に活動再開したのは、2003年であった。この間ドラムがDr. テッド・キラー・ミラーに交代したものの、同年にシングル「Maniac Cop」をリリースし、活動再開への布石を打つと2005年にはセカンド・アルバム「Sometimes They Come Back… To Mosh」をリリースする。前作同様、80年代のスラッシュ・メタルやホラー映画などからインスピレーションを受けながら、あらゆる面でレベルアップした 独自の『ホラー・スラッシュ』を披露したバンドの復帰は歓迎され、GHOULやENGORGEDと共に、バンドにとって初となるアメリカ・ツアー 『Weapons Of Mosh Destruction』を敢行したり、HYADESと共にイタリアでライヴを行うなど、国内外にその名を広めていった。

F.K.Ü.と同時進行で活動している他のバンドのメンバーのスケジュールの都合もあり、活発なペースとは言えないながらも2008年にはシングル 「Horror Metal Moshing Machine」、アメリカのスラッシュ・メタル・バンド、HIRAXとのスプリット「Hirax / F.K.Ü.」をリリースし、ファンに健在振りをアピールしたバンドは、翌2009年、3枚目のアルバム「Where Moshers Dwell」をリリース。テッドが所有する『Blueflame Productions Studio』でレコーディングされ、ラリーの所有する『Great Scot! Audio Studio』にて彼自身の手によってミックスされたこのアルバムは、ホラーとメタルの融合の新たなスタンダードとして認知され、国内のメディア、 『Close-Up Magazine』や『Sweden Rock Magazine』などで高い評価を得ただけでなく、スウェーデンの著名なフェスティヴァル『Sweden Rock Festival』や『Metaltown』、『Getaway Rock Festival』、『House Of Metal』などにも出演、新たにファンを獲得していくことに成功した。

国内でのライヴ活動も行いながらマイペースで活動を継続、曲作りも進め、次なるスタジオ・アルバムに収録する曲を用意したバンドは、2012年、遂にレ コーディングを開始する。ラリーの新しいスタジオ、『Studio Maskinrummet』にてレコーディングされ、ホラー・スラッシュ・メタル・バンド、F.K.Ü.の名前を一気に世界中のシーンに知らしめる可能性 を秘めた4枚目のアルバム「4: Rise Of The Mosh Mongers」を完成させたバンドは、オーストリアの名門レーベル『Napalm Records』との契約を締結した。同時に前作「Where Moshers Dwell」が同レーベルから再発されることも決定し、バンドに追い風が吹く中、遂にこのホラー・スラッシュ集団が日本上陸を果たす。

ゾンビ集団が奏でるホラー・スラッシュ・メタル・サウンドでスウェーデン国内外でその存在を知らしめファンを獲得してきたF.K.Ü.。聴く者全てをモッ シュ・ピットへ誘い、『モッシュ中毒者』を続出させる危険性を秘めたニュー・アルバム「4: Rise Of The Mosh Mongers」は、日本では2013年6月、SPIRITUAL BEASTからボーナス・トラックを追加収録してリリースされる。なお、アルバムのカヴァー・アートワークはバンドの世界観を表現するに相応しい、アメコ ミ界の巨匠、ジェフ・ゾーノウが手掛けている。

Websites:
https://www.facebook.com/moshoholics/