FAITHSEDGE2017.04.14

Line-Up:
マット・スター (Drums)
アレックス・デ・ロッソ (Lead Guitar)
ジャンカルロ・フロリディア (All Vocals, Rhythm, Acoustic & Electric Guitar)
ティム・ゲインズ (Bass & Fretless)
アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ (Keyboards)

Discography:
2011 Faithsedge
2014 The Answer Of Insanity
2016 Restoration

Biography:
シンガー/ソングライターのジャンカルロ・フロリディア<vo/g>を中心とするメロディック・ハード・ロックのスーパーグループ、FAITHSEDGEが、ジャンカルロの描くメロディック・ロック/メタルのヴィジョンを新たな次元へと進めるべく、錚々たるメンバーを迎えた約2年振りのニュー・アルバム「Restoration」にて待望の日本デビューを果たす。

アメリカは南カリフォルニアの出身、FAITHSEDGEの誕生は2011年に遡る。元RATTのフォアン・クルーシェとレコーディングした楽曲を手に、Alice CooperやSteve Vaiの他、VERTIGO, STARBREAKER, LOS ANGELESなど、『Frontiers Records』からリリースされた様々な作品に寄与しているベーシスト/プロデューサーのファブリツィオ・グロッシ(etc)とコンタクトをとったジャンカルロは、ファブリツィオの導きにより、2002〜2003年にかけてDOKKENに在籍、WHITESNAKEやSCORPIONSらとのツアーに参加した他、BRUNOROCKやVERTIGO, HEADRUSHなど、様々なプロジェクトにも参加してきた敏腕ギタリストのアレックス・デ・ロッソ、ナッシュヴィルに自らのスタジオを所有し、エイミー・グラントからスティーヴィ・Bまで様々なアーティストとプレイしてきたセッション・ドラマーのトニー・モーラを迎え、同年イタリアの『Scarlet Records』よりデビュー・アルバム「Faithsedge」をリリースする。2013年にはネブラスカ州ノース・プラットで開催された『Skull Fest』にも出演を果たした。

2014年には、デビュー作と同じメンバーに、ファブリツィオやトニーとLOS ANGELESに参加、他にもKHYMERAやTHE BABYSなど様々なバンドでの活動で知られるキーボーディストのエリック・ラグノを加えた編成にて、セカンド・アルバム「The Answer Of Insanity」をリリース。ジャンカルロ自らの半生をテーマにしたコンセプト作のこのアルバムは、各地で高い評価を獲得。このバンドがアルバム1枚限りのプロジェクトではないことを証明してみせた。

そして2015年には、早くもニュー・アルバムの制作を開始。ジャンカルロ、デビュー作から参加しているアレックスに加え、本作にベーシストとして参加しているのは、再結成後の「No More Hell To Pay」(2013年/Billboardチャート35位)とや「Fallen」(2015年/Billboardチャート44位)といった近作が本国アメリカでも成功を収め、また先頃の来日公演も記憶に新しいSTRYPERのティム・ゲインズだ。彼の持つグルーヴと80年代のアリーナ・ロックを思わせるそのスタイルは、バンドの音楽性に完璧にフィットしており、ニュー・アルバムの楽曲に新たな彩りを与えている。

ドラマーには、元DIO, WHITESNAKE etcのギタリスト、ダグ・アルドリッジ率いるBURNING RAINのメンバーで、元KISSのギタリスト、エース・フレーリーの大成功を収めた通算6枚目のソロ・アルバム「Space Invader」(2014年/Billboardチャート9位)とそれに伴うツアーに参加した他、パーキンソン病闘病中のパット・トーピーのサポートとして、MR. BIGのアルバム「The Stories We Could Tell」に伴うワールド・ツアーでプレイしたマット・スターが参加。彼のパワフルなドラミングと、ティムのベースと共に構成されるグルーヴは、バンドのサウンドを新たな次元へと導いた。

キーボードの座に就いたのは、自らのバンドEDGE OF FOREVERの他、EDEN’S CURSEやHARDLINE, REVOLUTION SAINTSといったバンドでの活動で知られ、近年では『Frontiers Records』のリリースを中心に、メロディック・ロックのシーンにおいてはヨーロッパだけでなく世界中で引く手あまたなプロデューサーとなっているアレッサンドロ・デル・ヴェッキオだ。プロダクションも全面的に手掛けた彼の貢献により、本作は現代的でありながら、80年代のビッグなアリーナ・ロックのフィーリングを残したサウンドに仕上がっている。

そして2016年6月、通算3枚目となるこの「Restoration」により、バンドは待望の日本デビューを飾る。世界と時を同じくしてSPIRITUAL BEASTよりリリースされる日本盤には、ボーナス・トラック1曲が追加収録されている。

Websites:
http://faithsedgemusic.com
https://www.facebook.com/faithsedge/