MANIGANCE2018.01.17

Line-Up:
Didier Delsaux – ディディエ・デルソー (Vocals)
François Merle – フランソワ・メルル (Guitar)
Bruno Ramos – ブリュノ・ラモ (Guitar)
Jean Lahargue – ジャン・ラアルグ (Keyboards)
Stéphane Lacoude – ステファン・ラクード (Bass)
Patrick Soria – パトリック・ソリア (Drums)

Discography:
1997 Signe de vie (EP)
2002 Ange ou démon
2004 D’un autre sang
2004 Mémoires… Live (Live)
2006 L’ombre et la lumière
2011 Récidive
2014 Volte Face
2018 Machine Nation

Biography:
約3年半ぶりにリリースされる、フランスの誇る最高峰ヘヴィ・メタル・バンドによる、ファン待望の6枚目のアルバムが遂に登場!! 今の時代だからこそ求められる、言葉や国境を越えたグローバルなヘヴィ・メタルが、聴く者の魂や感情を揺さぶって二度と放さない! まさに再認識されるべきボーダーレスなヘヴィ・メタル・シーンの一角を担うバンドの孤高でドラマティックなメタル観がここにある。実力に裏付けされた高度な楽曲とキャッチーな楽曲は不変! プログレ色が減退し、原点回帰をしたとも言えるパワー・メタル・サウンドは、従来のファンを納得させるには十分であろう。

MANIGANCEは1995年、オリジナル・メンバーであり、現在のラインナップ・メンバーでもある、ディディエ・デルソー(vo)、フランソワ・メルル(g)を中心に、結成された。当初、自分たちの好きなバンドの楽曲をカヴァーし、プレイしていたが、その後、オリジナル曲を作るようになる。1996年に枚数限定でリリースされたEP「SIGNE DE VIE」は、日本をはじめ、ヨーロッパの熱心なファンの間で瞬く間に話題となり、このアルバムは2003年にはリマスターされ、ボーナス・ トラックを追加して再リリースされる。その後も精力的にツアーを行いながら、1stアルバムの準備を始めていったバンドは、地元フランスのレーベル『Nothing To Say』と契約を交わし、2002年4月、遂に「ANGE OU DÉMON」と題された記念すべきデビュー・アルバムをリリースする。2004年には、2ndアルバム「D’UN AUTRE SANG」をリリースし、SCORPIONSのパリ公演のオープニング・アクトとして抜擢されるなど、活躍が一段と目覚ましくなっていった。その後もライヴ・アルバム「MÉMOIRS… LIVE!」をリリース。2006年には3rdアルバム「L’OMBRE ET LA LUMIÈRE」を発表するなど、順調にアルバム・リリースを重ねながらWHITESNAKEやDRAGONFORCEといったバンドとの長期に亘るツアーも経験し、みるみる成長を遂げていったが、その後、残念ながら活動をストップすることとなる。2010年に再始動したバンドは、フランス版RockHardのマンスリー・アルバムに選ばれ、日本のHM専門誌Burrn!においては、87/100ポイントを獲得した4thアルバム「RECIDIVE」を2011年にリリースする。2014年には5枚目のアルバム「VOLTE-FACE」をリリース。『HELLFEST』 『RAISMES FEST』 『PPM FEST』 『ROCKALIES』といった多くのフェスティヴァルにも出演を果たし、ADAGIO、FREEDOM CALL、STRATOVARIUS、DRAGONFORCE、ADXなどとツアーを行うなど更に多くの経験を積んでいく。そして、これまでの6つのスタジオ・アルバムとライヴ・アルバムを世に送り込んだ実績を持って、心機一転、デンマークの『Mighty Music』に移籍し、2018年2月に6thアルバム「MACHINE NATION」をリリースする。2018年3月には再びMYRATHと18日間に亘るヨーロッパ・ツアーを行うことも決定しており、今後、益々彼らの活躍から目を離せなくなるであろう!

Website:
http://www.manigance.org/
https://www.facebook.com/Manigance-366384643187/