SILVER BULLET2019.04.18

Line-Up:
Nils Nordling – ニルス・ノードリング(Vocals)
Hannes Horma – ハンネス・ホルマ(Guitars)
Henri Asikainen – ヘンリ・アシカイネン(Guitars)
Ossi Elonen – オッシ・エロネン(Bass)
Patrik Albrecht – パトリック・アルブレヒト(Drums)

Discography:
2016 Screamworks
2019 Mooncult

Biography:
2004年から2011年までフィンランドを代表するバトル・メタル・バンド、TURISASにベーシストとして在籍し、2枚のフル・アルバムと『FINLAND FEST』、『LOUD PARK』でも来日した経験を持つ、ハンネス “ハンヌ” ホルマ<g>率いる、ホラー映画に通じる美しくも不気味な世界観をドラマティックなシンフォニック・パワー・メタルで具現化するバンドが遂に2枚目にして待望の日本デビューを飾る!そのサウンドは、シアトリカルな雰囲気も合わせ持ち、ドラマティックかつテクニカルなパワー・メタルだ!!フィンランドのバンドながら、USパワー・メタルにも通じるサウンドであるのも彼等の魅力である。

フィンランド南部の都市、リーヒマキ出身のSILVER BULLETの誕生は、前身バンドであるDIRGE ETERNALが結成された2008年にまで遡る。そのDIRGE ETERNALは、2009年に3曲入りの「DEMO」、2010年に5曲入りEP「LUCIFER’S LULLABYE」、2012年に3曲入りEP 「UNDER THE SPELL」を発表する。すでにこの頃から、ホラー映画のように迫り来る恐怖とその裏側にある美しさをドラマティックに表現したサウンドを武器に、独自のニッチ路線のバンド・スタイルを歩み出す。最初のデモは、DREAMMELEの前ボーカリスト、ニルス・ノードリングとTURISASにベーシストとして在籍し、2枚のフル・アルバムと『FINLAND FEST』、『LOUD PARK』でも来日した経験を持つ、ハンネス “ハンヌ” ホルマ<g>が協力して完成させ、2016年半ばにリリースされたSILVER BULLETのデビュー・アルバム「SCREAMWORKS」の不吉な前触れとしても十分役立つ作品となった。
彼等はこのデビュー・アルバムのガイド・テーマともなった、ゾンビ、レザー・フェイスなどの古典的なホラー映画の世界観を視覚的なライヴで表現し、評判となる。そして、大規模なツアーを大成功に導き、遂に今年、このニュー・アルバムとなる今作にて待望日本デビューを飾る。不気味かつ強力なオーケストレーションを施した、シンフォニック・パワー・メタルは、今作で更なる変貌を遂げている。

Website:
http://silverbulletofficial.com/