SKULL FIST2017.04.15

Line-Up:
ジョニー・ネスタ (Shit)
ジャッキー・スローター (Stuff)
ケイシー・スレイド (Bass)
JJ・タルタリア (Drums)

Discography:
2007 Heavier Than Metal (EP)
2011 Head Öf The Pack
2014 Chasing The Dream

Biography:
ヘヴィ・メタルを愛し、ロックという大義のために戦う真剣に不真面目な男達が、世界征服を目指し永遠に獣を乗り回す!

本場ヨーロッパのシーンを中心に、2011年のヘヴィ・メタル界にセンセーションを巻き起したカナダ出身のSKULL FIST。彼らの原点は、オンタリオ州北部のごく小さな街にある。共にヘヴィ・メタルを愛し、ギターに取り憑かれたジャッキー・スローター<vo/g>とサー・シュレッド<g>は、30 YEARS TOO LATEというバンドを結成して数年シュレッド・ギターの布教に務めるものの活動は軌道に乗らず、2006年、2人はトロントへの移転を決意する。SKULL FISTを結成後、おびただしい数のメンバー・チェンジを経て女性ドラマーのアリソン・サンダーランドと出会うと、2010年3月に自主制作で5曲入りのデビューEP「Heavier Than Metal」をリリース。その後、ジャッキーも参加していたスラッシュ・メタル・バンド、MANIACのギタリスト、ジョニー・エキサイターをベーシストとして迎えてラインナップを完成すると、自らのヘヴィ・メタルを広めるべくSTRIKERらと共にカナダ・ツアーを行う。

彼らの音楽は、JUDAS PRIESTの伝統的なサウンドにIRON MAIDENのヒット曲を生み出すソングライティング能力を加え、BULLETやENFORCERのクールさや軽快さをまぶしたものだ。若くて野心に溢れた彼らはヘヴィ・メタルを生き様と考えており、シーンの未来はこのスーパースター予備軍にかかっていると言っても過言ではないだろう。

そして2010年12月、SKULL FISTは数千ものエントリーの中から見事ヨーロッパのコンテスト『Rock The Nation Award』で優勝を果たす。STEELWINGとSUICIDAL ANGELSが賞を分け合った前年と異なり、突出した才能により単独での受賞となった彼らは、ブッキング・エージェンシー『Rock The Nation』およびレーベル『Noise Art Records』との契約を獲得すると、新たにベーシストにケイシー・スレイドを迎え、2011年4月にENFORCERとBULLETとのヨーロッパ・ツアーを行う。このツアーで間違いなく最高のショウを披露した彼らは、ツアー開始からわずか4日にして前述のEP 200枚を売り切った他、グッズも追加発注しなければならなくなるなど、時にヘッドライナーをも上回る反響を得た。また、同年の『Keep It True』フェスティヴァルでは、彼ら自身は出演していないにも関らず、大多数のオーディエンスがSKULL FISTのTシャツを着ているほどの人気ぶりだった。既にマニアックでダイハードなファンを獲得している彼らの人気は、ヘヴィ・メタルのアンダーグラウンド・シーンにおいてウイルスのように広まりつつある。

ヨーロッパから帰国後、デビュー・アルバム「Head Of The Pack」のレコーディングを開始。レコーディング後にシュレッドとアリソンが脱退(後にAXXIONを結成)するが、ジョニー・エキサイター改めジョニー・ネスタをギターに、ドラマーには『30歳未満の長髪のメタルヘッドでデニムのヴェスト、スパンデックス、レザーを着用、練習熱心で、酔っぱらってNEIL YOUNGのカヴァーをプレイするのに耐えられる』等々の条件が提示されたオーディションを経て、ジェイクが加入して体制を立て直す。

カリスマ性のあるフロントマンとクールなイメージ、最高のアートワークに更に優れた楽曲を備え、ポジティヴな意味で正気ではないバンド、SKULL FIST。NWOTHMのムーヴメントを牽引するENFORCERのリーダー、オロフ・ヴィクストランドをして「彼らの音楽が大好きだ。本当に凄くいい!」と絶賛せしめる彼らのようなバンドがようやくシーンに登場、2011年10月にはSPIRITUAL BEASTより日本デビューも果たした。

それと前後して、9月にはSABATON, GRAVE DIGGER, POWERWOLFと共に『Power Of Metal II』と題されたヨーロッパ・ツアーを行うと、2012年1月上旬から中旬にかけてGRAND MAGUS, BULLET, STEELWING, VANDERBUYSTとドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、フランスのツアーを行い、間髪開けずにSTEELWINGと共に2月上旬までヨーロッパ11ヶ国21都市をサーキットするなど、ヨーロッパを中心に積極的な活動を展開、アンダーグラウンドのシーンから一歩抜け出す事に成功する。そして5月末にはまたもヨーロッパに戻り、ドイツ、ポーランド、オーストリア、クロアチア、イタリア、チェコ、スイスの7ヶ国で8公演が行われた『Metalfest Open Air』に参加、続いてスペイン・ツアーを行う。そして7月には、脱退したジェイクの代わりに、元CAULDRONのドラマーで、兄ブライアンやDIEMONDSのダニエル・ディケイらと共にAGGRESSORでも活動するクリス・スティーヴンソンを迎え、日本のSOLITUDE、アメリカのWIDOWを従えてヘッドライナーとしての来日公演も行った。

帰国後、8月末から9月にかけてカナダ西部のツアーを行うと、翌2013年1月にはブラジル・ツアーを、7月にはメキシコ・ツアーを行い、8月にはカナダ東部のツアーを行った。この間、当初は9月を予定していたニュー・アルバムのリリースは遅れることになったが、冗談好きなジャッキーはこう説明する「どうやらカネは木に生えてくるものじゃないらしいから、スタジオに入るのを2ヶ月遅らせることにしたんだけど、1ヶ月かそこらでワガママな俺はスケボーで事故って首の骨を折ることにしたから、更に2ヶ月遅れることになったのさ」

前作「Head Of The Pack」のプロデューサーを務めたダン・ツォーロニスが手掛けたヴォーカルを除き、アルバムのレコーディングは、HAREM SCAREMのシンガー、ハリー・ヘスが所有する『Vespa Studio』で行われ、マスタリングもハリーが担当した。ミックスを行ったのは、SACRIFICEやHAREM SCAREM, CANCER BATSを始め、カナダを代表する数々のパンク/ロック/メタル系のアーティストを手掛けてきたエリック・ラッツだ。このアルバムについて、ジャッキーは「みんなが常に待っていたものさ。新しい曲に新しいジャケット、前とは別のスタジオでレコーディングして、新しいソロ、新しいリズム、新しいベースに新しいドラムが入っている。歌詞も新しいし、女っぽいスクリームも、死んだネコのようなヴォーカルもね!」と語っているが、この傑出したフロントマンが言わんとしているのは、SKULL FISTは実験などに時間を割く代わりに、オーセンティックで80年代のスピリットを持ち、シンガロングできる楽曲で溢れた、時代を超越したヘヴィ・メタル作品を再度作り上げることを選択したということなのだ。

こうして約2年振りとなるこのニュー・アルバム「Chasing The Dream」は、2014年1月、ボーナス・トラックを追加収録してSPIRITUAL BEASTより世界と同時に発売される。バンドはその後、1月末から盟友ENFORCER, VANDERBUYSTと共に1ヶ月にわたるヨーロッパ・ツアーを行う予定となっている。

Websites:
http://www.skullfist.bigcartel.com/
http://www.facebook.com/skullfisted