AIRBORN2018.03.06

Line-Up:
Alessio Perardi – アレッシオ・ペラルディ (Vocals, Guitars)
Roberto Capucchio – ロベルト・カプッチオ(Guitars)
Domenico Buratti – ドメニコ・ブラッティ (Bass, Backing Vocals)
Roberto Gaia – ロベルト・ガイア (Drums)

Discography:
1999 Born To Fly (Demo)
2000 Flyin’ Start (Demo)
2001 Against The World
2003 D-Generation
2009 Legend Of Madog
2011 Metal Nation (Single)
2012 Demos & Rarities Collection (Compilation)
2014 Dark Future Rising
2016 Dinosaurs: 20 Yeaars Live
2018 Lizard Secrets 〜Part One – Land Of The Living〜

Biography:
イタリアはトリノ出身のツインギターを擁する4人組メロディック・パワー・メタル・バンドが遂に5作目で日本デビュー。今回のアルバムは3部作となるコンセプト・アルバムの第一弾で、DISARMONIA MUNDIのクラウディオ・ラヴィナール<vo>、PARAGONのヤン・ベルトラム<g>、LEGEND OF VALLEY DOOM、DARKEST SINSのマリウス・ダニエルセン<vo>などのゲスト・ミュージシャンも参加している。
AIRBORNは今までスタジオ・アルバム4枚とライブCD + DVDをリリース。サウンド・スタイルは、通常のイタリアのパワー・メタル・バンドとは少し異なり、ガッツィーに疾走するサウンドで、雄々しきメロディと相まってGAMMA RAY、RUNNING WILD、IRON SAVIORのような王道ジャーマン・メタル・バンドを彷彿させるサウンドが特徴だ。今までヨーロッパ各地の多くのフェスティヴァルに出演し、FATES WARNINGやFREEDOM CALLなど、数多くの有名アーティストのオープニング・アクトも経験した。また、PARAGONとIRON SAVIORとも複数回ツアーをまわった。 そして、2018年に再びIRON SAVIORとツアーを始める予定である。今作も過去作に関わってきたIRON SAVIOR、 SAVAGE CIRCUS等で活躍し、数々のジャーマン・メタル・バンドの作品のプロデューサーと知られる、ピート・シールクがマスタリングのアドバイザーを担当している。アルバム・アートワークは、イギリスのアーティストTrevor Storeyが担当。

Website:
http://www.airbornband.com/
https://www.facebook.com/Airbornband/