HITTEN2017.04.14

Line-Up:
Alexx Panza – アレックス・パンザ (Vocals)
Dani Meseguer -ダニ・メセガー (Guitar)
Satan – セイタン (Bass)
Johnny Lorca – ジョニー・ロルカ (Guitar)
John Sinhx – ジョン・シンクス (Drums)

Discography:
2011 Darkness Queen Promo (demo)
2012 Shake The World (MCD)
2013 Evil Power (7inc)
2014 First Strike With The Devil
2015 Don’t Be Late (7inc)
2016 State Of Shock
2018 Twist Of Fate

Biography:
スペイン南部のムルシア出身の5人組、HITTENは2011年夏、同郷のIRON CURTAINでもギタリストを務めていたダニ・メセガーを中心に結成される。ユニークなバンド名は、「10回打ちつける(Hit Ten Times)」という意味を持たせて付けられたものだという。すぐに曲づくりを開始したバンドは、早くも同年のうちに1曲入りのデモCD-R「Darkness Queen Promo」をレコーディングすると、翌2012年春には、5曲入りのEP「Shake The World」をリリースする。この時のラインナップは、ダニに加え、エイドリアン<vo>、ダニ・アルギレス<g>、現在は“セイタン”を名乗るオラシオ・ロドリゲス<b>、“ライノ”ことアントニオ・ディエス<ds>の5人。同年10月には早くも首都マドリードに進出してライヴを行なったバンドは、脱退したエイドリアンの後任シンガーにマヌを迎えると、2013年3月にはベルギーの『Heavy Sound Festival』(VORTEX, KILLER, EVIL INVADERS etc)、4月には地元スペインの『Metalmeria Fest IV』(ENFORCER etc)に出演して新体制のお披露目を果たす。同年7月にはスペイン・ツアーを行なった他、2曲の新曲とEPからのリレコーディング1曲を収録した7インチ「Evil Power」をドイツの『Anger Of Metal Records』より500枚限定でリリースした。

しかしながら11月にはマヌの脱退がアナウンスされ、後任としてアイトール・ナバーロを迎えたバンドは、スペインの『Metal Lorca Festival』(LABYRINTH, MURO, DRAGONFLY etc)やベルギーの『Blast From The Past』(OSTROGOTH, HOLOCAUST etc)に出演を果たした。そして年が明けて2014年1月、ギリシャの『No Remorse Records』との契約を締結すると、イタリアのSIGN OF THE JACKALのスペイン・ツアーをサポートしたのに続き、『Heavy Metal Espectros Fest』(NIFELHEIM, METAL INQUISITOR, RULER etc)に出演を果たし、そのまま2月末より地元ムルシアの『Guindilla Studios』にてファースト・フル・アルバム「First Strike With The Devil」のレコーディングへと突入する。バンドとハビエル・デシデリオの共同プロデュースにより制作されたこのアルバムは、4月に『No Remorse Records』からCDで、6月にはドイツの『Heavy Forces Records』からLPでリリースされた他、タイの『Roots Active Productions』からはカセットでもリリースされた。このデビュー・アルバムを手に、バンドは2014年11月、ギリシャの『Rock You To Hell Fest』(Steve Grimmett’s GRIM REAPER, PRAYING MANTIS, PERSIAN RISK etc)に出演を果たすと、オランダのスピード/スラッシュ・メタル・バンド、DISTILLATORと共にベルギー、オランダ、フランス、ドイツの4ヶ国8公演のツアーを行なう。

2015年に入り、MAD MAXのカヴァーを含む3曲入りの7インチ・シングル「Don’t Be Late」のレコーディングを行なったバンドは、4月にポルトガル・ツアーを行なうと、5月にはドイツの『Metalheadz Open Air』(WOLF, HELL, METAL INQUISITOR, STORMHUNTER etc)に出演。続いてベルギーでHELLのサポートを務めると、帰国後にはDISTILLATORのスペイン・ツアーに同行した。その後、ギタリストを ダニ・アルギレスからジョニー・ロルカに替えると、翌6月には再びドイツへ渡り、『Der Detze Rockt Festival』(SKULL FIST, DESASTER, Steve Grimmett’s GRIM REAPER etc)に出演した。続いて夏にはまたもやDISTILLATORと共にベルギー/オランダ・ツアーを行なうと、9月にはスペインの『South Bangers Fest』(VANDERBUYST etc)、フランスの『Pyrenean Warriors Open Air』(TOKYO BLADE, IRON ANGEL, LONEWOLF etc)に出演するなど、積極的なライヴ活動を展開する。
そして9月末からは、セカンド・アルバム「State Of Shock」のレコーディングを開始する。前作同様、地元ムルシアの『Guindilla Studios』でレコーディングされたこのアルバムは、シングル「Don’t Be Late」に引き続き、IRON CURTAINやCRISIX等、数多くのスペインのバンドの作品を手掛けてきたハビエル・フェレスが自らの『Moontower Studios』でミックスを行なった。アートワークを手掛けたのは、EVIL INVADERSやGAME OVERなどの作品で知られるマリオ・ペレスだ。また、この間に「Don’t Be Late」がドイツ『High Roller Records』よりリリースされた。このセカンド・アルバムで、バンドは待望の日本デビューを果たす。

アルバムの完成後、オリジナル・メンバーでドラマーのライノが脱退を表明するが、バンドは後任としてジョン・シンクスを迎え、昨年ニュー・アルバム 「Desecrator」をリリースしたスウェーデンのAMBUSHと共に、『Heavy Metal Forces United』と題されたヨーロッパ・ツアーを行った。その後、11月には、『Japanese Assault Fest 16』で初来日。その若さ溢れるエネルギッシュな演奏と甘いマスクとルックスで、多くのファンを魅了した。それから、アイトールが音楽性の違いから脱退し、ヴォーカリストがアレックスに交代。バンドは、今作の3枚目のアルバムのレコーディングに入った。

Website:
https://www.facebook.com/HITTENOFFICIAL/